Q:積立型の火災保険ってお得なの?

A:必ずしもお得ってワケじゃない


火災保険に入る時には、掛け捨てと積立という2つのタイプから選ぶことができます。火災保険には満期があり、満期になった時にお金が返ってくるかが積立と掛け捨ての違いです。積立の火災保険は満期になってからお金が戻るので、得したように感じますが、火災保険に入るときには掛け捨てを選ぶ人の方が多いです。



積み立てたお金が全て手元に戻ってくるわけではない

2つのタイプの補償内容はほとんど同じですが、保険料に関しては積立の方が高くなります。そして、積み立てたお金が全て手元に戻ってくるわけでもないことを覚えておくべきです。積立の火災保険に申し込んでも、返ってくる満期金は一部にすぎません。ある保険会社では5年間の保険料は70万円で、満期金は20万円でした。同じ保険会社で掛け捨てタイプで契約した時に、5年間の保険料はたった20万円なので、積立タイプを選んだからといっても特をしているわけではありません。


つまり積立の火災保険=掛け捨て火災保険+積立

みたいな構図です。なので積立の火災保険と言っても、火災保険の部分は掛け捨てであり、それに通常の積立がプラスされているようなものです。死亡保障が付いてるかどうかは、その契約次第ってことになります。


さらに、積立の火災保険では、満期にならないと全ての金額が返ってこない仕組みなので、全額を返してもらうためには、契約の満期まで払い続けなければならず、途中で解約すると積立金の半分しか払い戻してもらえません。5年間の保険料が70万円で、2年目で払い戻した場合には31万円しか返って来ないので、39万円は損をしたことになります。



とは言え、お金が強制的に貯まるので修繕費用を貯める目的で積立の火災保険に加入する人は多いです。当然ながらニーズはあります。
 

というわけで、もし積立の火災保険に興味があるなら、損得はとりあえず置いといて、相談してみるのがいいかもしれませんね。

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事