Q:火災保険で風災は補償される?

A:だいたいのケースで補償される


火災保険では大抵、火災による損害だけでなく「風災」や「雪災」なども補償しています。風災とは、「台風や竜巻などの強風によって発生した損害のこと」と定義されています。

ですから
「台風が来て屋根瓦が飛ばされてしまい、雨漏りしてしまった」
という場合には、屋根瓦の補償だけでなく、雨漏りの修理費用も保険で支払ってもらうことができます。

また、落ちてしまった屋根瓦によって家の外壁やカーポートが破損したという場合にも、保険で補償してもらえる可能性があります。ただし、こうした詳細に関しては、火災保険のタイプによって補償する範囲が異なるので、契約前にしっかり確認しておきましょう。



経年劣化によって屋根や外壁が損傷した場合や、湿気・かびなどの影響で破損が生じたケースでは風災とはみなされません。

屋根瓦やサイディングボードが損害を受けた場合でも、その直接的な原因が風ではなく作業中の不手際だったと判断された場合には、やはり補償を受けることはできません。さらにちょっと判断が難しいのは「雨が吹き込んで家屋内部が損害を受けた」というケースです。雨による被害は基本的に風災とはみなされないので、火災保険では保証されないことが多いのです。

なんかちょっと理不尽ですけどね・・・


屋根の損害を確認する場合には、写真で被害状況を確認して保険会社に送付する必要があります。またほけんの窓口で加入した場合は、ほけんの窓口に言えば大丈夫。

あと、素人が屋根に上って作業するのは危険が伴うので、可能であれば保険会社を通じて経験を持つ職員を派遣してもらうか、もしくは塗装や瓦職人に作業を依頼するようにしましょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事