火災保険の使い方
 
 
新築を建てる時に火災保険に加入しないという人はまずいないでしょう(たぶん)。しかし、実際に火災保険に入っても保険の内容をよく知らずに、保険が使える場合でもお金の申請をしない人もいます。

まず多くの人が火災保険は火事で家が燃えた時しか適用されないと思ってます。


実は火災保険は「火事の保険」ではなく「建物の保険」なんです。名前が火災保険なだけ。火事だけではなく台風で屋根の瓦が飛んでいったとき、風で排水管が曲がったり取れた時、石で壁がへこんだ時などでも適用することができます。




使い方は保険会社によって変わるが・・・

火災保険の使い方に関しては、細かな補償は保険会社によって異なります。さらに、特約やオプション契約によっても補償が異なります。


ですが偶然、突発、自然災害に関する事故であればほとんどの火災保険で補償が適用されます


例えば、塀にスプレーで落書きされた場合には予測できない突発的な出来事なので火災保険が適用できます(長嶋一茂さんは請求したかな?)。また、部屋の中で遊んでいた子供が窓ガラスを割った場合でも突発的な出来事として処理できます。三井住友海上火災保険株式会社では、家の鍵をなくしたので玄関ドアを開けてほしいという依頼にも対応しているそうです。

火災保険の使い方は、保険会社か保険代理店に連絡をして、台風、雪、雷などで被害にあった情報を申請の書類に記入して提出することができます。後日、保険会社から保険鑑定者が状況を見に来るので、担当者に壊れた部分を見てもらい、承認されれば保険を使うことができます。


ほけんの窓口など代理店で契約した場合は、代理店に相談することも可能です。
 
せっかくお金払っているんだから、積極的に使っていきたいですね~

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事