Q:マンションの火災保険の相場は?

A:だいたい年額10,000円~12,000円


マンションに住んでいる人が火災保険に加入する場合の相場は、まあ大体なんですが、年額1万円から1万2,000円です。ただし保険料は、「家財補償を含めるか」「部屋の面積をどのように計算するか」「一括払いか分割払いか」などの要素で大きく変わります。


火災保険の補償範囲が「家屋だけ」であれば、保険料は相場より大幅に安い7,000円から8,000円前後まで抑えられることがあります。一方、家財の補償をプラスすると保険料は1万円前後となります。大抵の人は家財補償を含むプランに加入するものの、「高価な電子機器や機材などはほとんど持っていない」という人はマンションの居住スペースのみ補償するプランを選んでいます。

火災保険料は「家屋内の専有面積」を基準として算定されます。この専有面積を計測する方法は、壁の内側面積だけを測る「上塗り基準」と、壁内部にある中心線を基とする「壁芯基準」の2つがあります。上塗り基準を採用した計算方法の方が当然保険料は安くなるものの、どちらを採用して契約するのかはマンション規約によって定められているので、契約前に必ず管理組合に問い合わせておきましょう。


2015年の改定により、火災保険は最高10年までしか加入できないようになりました。契約時に一括払いをすることもできれば、毎年分割払いにすることも可能です。長期の契約をする場合には、一括で払うと保険料が大幅に割引され、相場の半額前後になることもあります。ですから、ある程度資金に余裕がある場合には一括払いをすることをおすすめします。(データはすべて2016年現在)


それぞれ各種いろんなケースがありますので、ほけんの窓口など、プロに相談するのがいいと思います。
 
ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事