Q:火災保険を二重に入るとどうなる?

A:意味なし 損なだけ


一つの保険を二重・複数に幾つもの保険会社と契約することを重複契約と言います。生命保険をたくさん受け取るためにこの方法を使いますが、火災保険に二重に入るとどうなるのでしょうか?保険会社にきちんと報告していれば二重に加入することはできますが、いくつもの火災保険に加入していても補償を受けられるのは、実際の損害料金だけです。


保険金は評価額に基づいて支払われるので、評価額を超える二重・複数の契約をしても、たくさんの保険金がもらえるわけではありません。評価額が3千万円の家に対して2つの保険会社と二重・複数で契約をし、それぞれ3千万円ずつの契約をすれば、契約上のもらえるお金は合計で6千万円になりますが、実際に支払われる保険金は評価額を超えることはないので3千万円までとなります。


そう考えると、複数の保険会社と契約する意味はなく、毎月の保険料も2倍になってしまうので二重・複数で加入することはやめた方がいいでしょう。しかし、まったくメリットがないわけではなく、火災保険は保険会社によって補償される内容が変わるので、足りない補償を補うためには2つ以上の保険会社で二重・複数で契約した方がいい場合もあります。

例えばある保険会社では火災や落雷、爆発と破裂、風災、雪災、雹災には補償が効いても、洪水や土砂崩れの補償はあまり充実していないことがあります。そのため、別の保険会社に申し込んで足りない部分を補ってもらうこともできます。


とは言え、あまり効率的とは言えないですね。やっぱりひとつの火災保険で契約したほうがいいでしょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事