火災保険を後から追加したい

Q:火災保険を後から追加できる?

A:オプションなどは追加できます


多くの火災保険では、基本補償に加えてオプションで入れる補償サービスを準備しています。基本補償の中には、火災、落雷、爆発の事故が起きた時の補償が含まれています。寝たばこが原因で家が燃えてしまった時や、留守の時に家電製品が壊れて出火して家が焼けてしまった時などに補償してもらえます。また、落雷が原因でテレビがショートして壊れた時や、ガスが爆発して台所用品が壊れた時でも補償してもらえます。

ところが、台風が来て屋根がはがれ落ちた時や豪雪で屋根が破損した時には基本補償だけではカバーできません。また、床上浸水などの水災についても補償されません。そのため、これらの補償を望む時には、オプションとして後から追加することができます。保険に契約している期間の途中からオプションで追加する時には、契約者の本人が取扱代理店に連絡すればすぐに追加することができます。

しかし、今の火災保険に追加する時には、短期契約になるため保険料が割高になる場合もあります。そのため、現在加入している火災保険を一旦解約して新しい火災保険に加入しなおすこともできます。火災保険は、解約する時に解約手数料などを払う必要はないので、保険会社と話し合って払い済みの保険料の返還をしてもらいます。解約手続きをするためには、保険会社からもらう解約申請書類に記入して返送すると、2,3ヶ月後に自分の口座に返金されます。火災のほかにも落雷や台風、洪水、盗難などの補償もカバーしてくれる火災保険もあるため、よく考えて自分に合った保険を見つけてください。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事