火災保険の年払いってどんなところがお得?


まず最初に断っておきますが、火災保険は月払いが出来ません。

最小の支払い単位が1年なので、金額的には一番、割高になっています。

火災保険に入るときに、以前は住宅ローンと合わせて申し込んでいたので、20年や30年という長期の契約をする人も大勢いました。しかし、2015年10月1日から最長で契約できる期間は10年までになってしまいました。これは、災害が急増しているため、保険会社も補償をする機会が多くなり、長期で保険料を決めることが難しくなったからです。


現在では長期で申し込んでも10年までしか選ぶことができないので、年払いの短期契約で申し込むのと変わらないと感じる人もいます。年払いで済ませると1年ごとに状況を見れるために、火災保険の見直しや確認が簡単になります。もしも、いま加入している保険会社の値段と補償に満足できなければ、来年は別の保険会社に乗り換えることもできるメリットもあります。

さらに、長期一括で支払う時には何十万円もの大金を準備しなければなりませんが、年払いなら1回で支払う金額は大きくないので、全体的に見ると年払いの保険料は長期一括の時よりも割高になりますが、資金を準備する点では簡単にできます。



以上のことから、年払いのメリットとしては

1.火災保険の見直し、乗り換えなどが容易
2.一度に支払う金額が少ない

ことが挙げられます


長期で火災保険に申し込むと割引きの対象になるので、年払いよりは保険期間を5年から10年の長期で決めた方が良いでしょう。長期の契約では割引きがあることに加えて、一度契約すれば火災保険料は契約している期間中は同じなので、保険料の相場が上がったとしても値上げされる心配もなく、5年から10年経った後に保険の見直しをすることができます。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事