火災保険ノンスモーカー割引

Q:火災保険のノンスモーカー割引ってどのくらいお得?

A:3%ぐらい割引される


火災保険には様々な割引があって、ノンスモーカー割引を適用すると支払う保険料が安くなります。ノンスモーカー割引とは、保険の対象の住宅に住んでいる人が全員煙草を吸わなければ、保険料が少し安くなるサービスです。

ただしノンスモーカー割引を使ったものの、住人の喫煙が原因で火事が起きた時には、保険金が支払われません。通行人の煙草の投げ入れや来客の煙草が原因の場合にはきちんと補償が出ます。


AIUの火災保険では、ノンスモーカー割引を適用すると平均で火災保険料が約3%割引かれます。


一例として・・・
・石川県
・延べ面積120㎡の戸建て住宅
・2500万円で建てた人
→ 保険料は17240円/年

ノンスモーカー割引適用後
→ 16470円/年


一年だとあんまり変わりませんが、長期契約の場合、結構変わります。20万円なら6千円割引です。



ただし、10年の長期でノンスモーカー割引を適用すると注意が必要なことがあります。例えば、契約をした時には子供は小学生で、家族の中では誰も煙草を吸わなくても、10年経って子供が中学生ぐらいになったときに、親に隠れて煙草を吸うようになる場合もあります。子供が隠れて吸っていた煙草をそのまま放置して、引火しないとは限りません。未成年の隠れ煙草が原因で家が燃えてしまっても保険金は一切下りないので、よく考えて申し込む必要があります。保険料で割引される金額も3%にすぎないので、家族が全員煙草を吸わない家庭でなければ申し込むメリットは低いかもしれません。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事