火災保険の決め方

火災保険の決め方は?


火災保険の決め方で知っておくと役に立つ知識として、保険には定額払方式と実損払方式の2種類があります。

定額払方式というのは、生命保険のように万が一のことが発生した場合に、遺族に残しておきたい希望金額を設定して、その金額が保険金として支払われる方式です。この方式の場合には複数の保険会社に加入していても、それぞれの保険会社より設定していた保険金を受け取ることが可能です。

一方の実損払方式というのは、火災保険のように万が一のことが発生した場合に、それを補償する金額を自由に設定できないもので、補償する保険金に関しては保険会社の基準による方式です。どういうことかというと、新築費用が2000万円の住宅に対して、万が一火災で住宅が全焼した時に5000万円の補償が欲しいと保険金額を設定することができないということです。また複数の火災保険に加入していても、合計で定められた補償金額以上は支払われないのです。では火災保険の保険金額の決め方はどのようになっているのかというと、建物の時価額で設定する方法と再調達価額で設定する方法の2通りあるのです。



建物の時価額で設定する方法というのは、保険に加入する時点における建物の価格で補償額を設定するものです。その為、火災で全焼してしまった場合に同じ建物をたてるだけの補償額は支払われないので、同等の建物を新築か購入する場合には資金を追加しなくてはならないのです。一方の再調達価額で設定する方法というのは、再度同等の建物を新築か購入する場合に必要となる費用が補償金額として支払われるもので、最近の火災保険はほとんどこのタイプです。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事