火災保険 受取人

火災保険の受取人は誰にする?


火災保険に入ろう!だけど受取人は誰にする?

これはあんまり考えなくてもいいです。一般的に特定の人物に対してかける生命保険の場合なら、配偶者にしたり子供にしたりなど受取人を自由に指定することが可能です。しかし火災保険の場合は特定の人物にかける保険ではなく、家や家財などといった物に対してかける保険なので、基本的にそれらの物の所有者となる被保険者が受取人となります。つまり、お家の登記上の所有者ということになります。そのため自由に指定することはできません。


それから生命保険の場合には、誰が受取人になるのかによって支払う税金が変わるので、配偶者や子供など誰にするのかは慎重に考える必要があります。しかし火災保険に関しては、基本的に火災によって損失したものを穴埋めするために保険金が使用されるものなので、保険金の支払いによって利益が発生することは考えられません。そのため、受け取る保険金は数千万円程度と高額なものになりますが、基本的に保険金に対しては税金がかかることは考えられないのです。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事