火災保険 延焼

Q:火災保険、延焼も補償される?

A:保障されません


「俺は火事など起こさないから火災保険に加入する必要がない!」
って考えている人ほど危ないもので、往々にして火災保険に入ってない人が火元になったりするケースが多いです。ただ、実はあまり知られてないことですが・・・


火元の責任はほとんど追求されない


自分が火元で町中を焼き尽くすような火事になったとしても、重過失(放火など)が無ければ責任は追求されません(もちろん裁判は起こることはあります)。

なので自分が過失で隣が焼けた場合、それを補償する保険はありません。また、逆に言うと貰い火があっても、火元の人から損害賠償を請求することは出来ません。


ただし、いくら法律的には一切の責任はないと定められているとしても、火事を発生させて隣に迷惑をかけているのに知らん顔というのはあり得ない。人として何らかの形で誠意を示すことは当然なことで、火災保険には失火見舞費用保険金といった特約があり、延焼による被害に対して見舞金が支払われる補償というのもあります。

また、火元の火災保険により延焼先の保険の不足分を補ったり、未加入の場合に補償したりする類焼損害補償といった保険もあって、損害が補償される可能性も考えられるのです。しかし、あくまで火元の家でしっかりと保険に加入していて、しかも特約を付けていることが条件になるので、そのことを期待して自分は火災保険に加入しないというのは大変危険なことです。隣家の火災による延焼であっても、被った被害に関しては自分の火災保険で補償してもらうことができるので、自衛策としても加入することは重要と認識しておくと良いです。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事