火災保険の選び方は?


火災保険の必要性を感じて加入しようとしても、様々な商品があって何が一番適したものなのか、選び方が難しいですよね。基本的にはほけんの窓口などの保険相談サービスを利用して、相談しながら決めるのがおすすめですが、こちらでも火災保険を選ぶ際のポイントをお伝えしますね。


1つ目のポイントは、保険の目的を明確にすることです。
目的としては「建物」と「家財」の2つがあって、一戸建て・分譲マンション・賃貸住宅のどれに当てはまるかによって、両方なのかどちらか一方なのかが決まります。


2つ目は必要とする補償の範囲を検討することす。
火災保険の補償の範囲は現在では細かくカスタマイズできる商品が多いので、自分の住まいにとってどのような補償が必要なのかを判断しなくてはなりません。火災保険の基本補償としては、火災・落雷・破裂・爆発などがありますが、その他にも落下・飛来・衝突・水濡れなどもあります。また、風災・ひょう災・雪災、水災など地域性によるリスクも考えられるので、ハザードマップや過去の統計などを参考に考えなくてはなりません。


3つ目は適切な補償額を考えることです。
これに関しては住宅の構造や規模などから、ある程度適切な補償額を算出して貰えるので悩む必要はほとんどありません。ただ、その際に住宅の評価額を新価(再調達価額)で考えるのが一般的ですが、保険によっては時価で考える場合もあるので、契約する際にはその点を意識して確認することも必要です。

これらの点を考え、自分にとって必要な火災保険の大まかな内容が固まってから相談に行くとスムーズに話が進みますね。面倒くさかったら直接行ったら詳しく教えてくれますよ。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事