火災保険 控除

火災保険の控除について


損害保険料控除というのは、1年間に支払った火災保険などの保険料を対象として年末調整で処理されることが認められるものです。平成18年に所得税法等の改正が実施される前までは、控除項目として存在していたので年末調整で処理できる対象として火災保険も含まれていたのです。

しかし平成19年以降は損害保険料控除という制度がなくなって、代替えとして地震保険料控除という制度が新しく設けられることになったのです。その結果、火災保険の保険料に関しては控除対象から除外されることになってしまったのです。


このような変更が実施された背景には、地震災害に対する備えを国民にもっとしてほしいという国側の狙いがあったのです。また、実際に甚大な被害を与えてしまった大震災の発生もあったことで、地震保険に加入する人も増えて今後ますます注目されていくことが予想されています。

ただ、火災保険については控除の対象から除外されると言っても例外もあり、一部要件を満たすと地震保険料控除に含めることも可能なケースがあるのです。その要件というのは、保険期間のスタートが平成19年1月1日以後でない平成18年以内に契約を締結した保険、また長期保険契約といわれている満期返戻金があって10年以上の保険期間となる保険です。また平成19年1月1日以後に契約内容に関して変更がされていない保険という3つの要件です。いずれにしても保険会社から送付される控除証明書に詳細が記載されているので、届いた書類を確認することでこの点に関しては分かります。

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事