火災保険、質権設定するとどうなる?

火災保険、質権設定するとどうなる?

住宅を購入する際に住宅ローンを組む場合、一般的にお金を貸す金融機関は対象となる建物を担保として抑えます。しかし、その担保となる建物が火災でなくなってしまっては、貸したお金が戻ってこない可能性が考えられます。そこで金融機関として、火災保険で支払われる保険金に対して請求する権利として質権設定をするのです。これにより万が一火災が発生して担保となっている住宅が全焼したとしても、保険金請求が質権設定により可能となるので、金融機関としては貸付金の回収ができるのです。


ただし、この火災保険の質権設定については、単に金融機関だけにメリットがあるものではないのです。万が一火災が起こった場合には、住宅ローンを利用している人が被保険者になって保険金を請求することになります。そして金融機関の質権設定はあくまで住宅ローンの残債までとなっていて、それ以外に残った保険金に関しては住宅所有者に支払われるのです。つまり、住宅ローンを利用した人もお金を貸した金融機関も、共にメリットが発生する仕組みになっていると言えるのです。


通常は保険の契約者となる住宅の所有者が保険証券を所有するものですが、火災保険の質権設定をすることによって金融機関が保険証券を預かることになります。また、火災保険の解約や契約内容の変更などは、金融機関の同意を得ないですることは一切できないことになります。それから保険金については、あくまでも金融機関が優先で受け取ることになるなど、質権設定すると通常とは異なるしくみが様々なので、内容をしっかりと理解しておく必要があります。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事