新築の火災保険について

新築の火災保険について


新築の火災保険については、住宅ローンの関係もあるので銀行で勧められた商品でいいと考える方や、不動産会社から勧められた商品で決めようという考えの方も少なくないです。しかし、新築の住宅と言えば人生で最も高い買い物になる可能性があり、最も重要な財産になるのですから、住宅を守る火災保険を安易に考えては後悔することもあります。保険金額や補償内容・特約に関して十分に検討して納得できる火災保険に加入することが大事です。

新築住宅の保険金額を決める場合に住宅ローンと同額で良いと考える方も多いですが、その考えでは適正な保険価格ではない契約になってしまう可能性があります。新築住宅の建築費用・購入価格が銀行の住宅ローンと同じであれば問題はないのですが、頭金を入れてその他を住宅ローンでというパターンも少なくないです。住宅ローンの金額で保険に加入をすると実際の住宅価格よりも少ない金額になって、全額支払われない一部保険ということになるのです。また逆に建築費用や購入価格よりも多く住宅ローンを組んでいるケースでも同様に適正な保険契約ではなくなってしまうのです。火災保険の適正な保険金額というのは、単純に住宅ローンの金額ではなくて、あくまでも住宅の建築費用や購入金額になると覚えておいてください。

次に火災保険の補償内容ですが、一般的に火災・落雷・爆発・風災・雪災などは基本補償になっていることが多いので、それ以外の補償をどうするのかを検討する必要があります。特に水濡れや水災については地域の危険度を考慮して検討すると良いですし、特約で検討するのは個人賠償責任特約と類焼損害補償特約の2つです。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事