相続した物件の火災保険について
相続した物件の火災保険について

親が死亡したことによって、親がそれまで所有していた住宅を相続するケースがあります。その際には、相続する住宅だけではなく、それまで亡くなった親の名義で加入されていた火災保険についても確認する必要があります。それは賃貸住宅であっても火災保険の加入が条件になっていることが多いからで、管理会社に問い合わせてみると良いです。そこで、まずはどこの火災保険に加入していたのか、その保険は掛け捨てタイプなのかどうかを調べます。そして、加入していた保険の名義変更をするのか、または解約手続きをするのかを検討します。その理由として、掛け捨てタイプなら解約返戻金などの発生がないため相続財産には該当しないのですが、解約返戻金などが発生するケースなら相続財産に該当するからです。そうなると遺産分割協議の対象になるので、それらの点についてはしっかりと調べておきましょう。

火災保険の名義変更や解約手続きに関しては、特別に期限が設定されているわけではありません。その為、基本的にはいつでも問題はないのですが、加入している火災保険が分かった段階で早めに手続きをするようにしてください。手続きに関しては相続人が実施することになりますが、特に難しいことはなく、必要書類を準備するだけです。必要書類に関しては保険会社により異なる場合があるので事前に連絡して確認しておくと良いですが、基本的には被相続人の除籍謄本・相続人の戸籍謄本および印鑑証明書・保険会社所定の手続き申請書などです。

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事