Q:貰い火は火災保険で補償される?

A:はい、通常は大丈夫


近隣の住宅で火災が発生して、貰い火で自分の家も燃えてしまったという場合、基本的には火災保険で補償を受けることが可能です。ただし火災発生の原因が、「通常生活で想定される範囲を超えた場合」および「契約者に過失がある場合」のいずれかに該当すると、火災保険料の支払いが拒否される可能性があります。


例えば、近隣の家屋で発生した火災の原因が暴動や戦争によるものである場合、「日常生活では通常起こり得ない事態によるもの」であるため、残念ながら補償金を支払われることはありません。また巨大な地震・津波による家屋の損傷・倒壊などに関しても、保険金は支払われないのが普通です。ただし、火災保険と地震保険のどちらにも加入している場合に限り、地震によって発生した火災の被害は補償されます。


近隣住民の過失によって火災が発生し、それが飛び火して火災保険の契約者が所有する家屋に被害を与えてしまった場合、火災保険の保険金は当然支給されます。一方、契約者自身の行動に端を発して近隣で火災が発生し、その貰い火によって契約者の家屋が損傷した場合、「契約者に重大な過失があるケース」と認定されて保険金の支払いが行われない可能性が高くなります。例えば、「近隣への放火」や「火の不始末」などです。最近では空き家となっている家屋に火を付けて延焼させ、自分の家が貰い火の被害を受けたように見せかける詐欺行為が増えているため、保険会社のチェックはより慎重かつ厳重になっています。ですから早く保険金の給付を受けたいなら、保険会社の調査には積極的に協力しましょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事