Q:火災保険で屋根の修理費は降りる?

A:はい、降ります


屋根が破損してしまった場合、大抵のケースでは火災保険で屋根修理の補償を受けることができます。ポイントは

「どんな自然災害によるものか」
「経年劣化によるものか」


の2点です。

台風や竜巻によって屋根に損害が発生した場合は、「風災」に認定されます。ほとんどの火災保険では基本プランとして風災を含めているので、屋根の種類に関わりなく修理費用は支払ってもらえるはずです。また、損壊した屋根によって生じた被害も補償してもらえます。例えば、瓦が外れて雨どいや外壁が破損したり、ベランダが損傷したりした場合にも修理費用を受け取ることができます。一方、大地震や大津波の影響を受けて屋根が被害を受けた場合は、地震保険もしくは追加オプションで加入していない限り屋根修理の費用を負担してもらうことはできません。


経年劣化では保険は下りない

「トタン屋根全体がさびてしまった」「屋根の内部が湿気で腐食してしまった」といったケースでは、「経年劣化の影響によるもの」と判断されてしまうので、火災保険による補償を受けることがほとんどできないのが現状です。とはいえ、風災によって屋根が破損した結果腐食が発生したと判断される場合には、屋根修理の支払いを受けることが可能です。ただし、経年劣化による破損か、風災による被害かは定期的にチェックしていないとわかりません。火災保険の掛け金を無駄にしないためにも、台風が通過した後には家の周りや屋根の状況を定期的にチェックする習慣を付けましょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事