火災保険と地震保険について


火災保険は、基本的に地震で発生した損害を補償することができません。

例えば、地震の揺れで家屋にひびが入ったり、屋根瓦が落下して外壁や雨どい、カーポートなどを破壊した場合には、火災保険での補償を受けることができないのです。そのため、多くの保険会社は火災保険と地震保険の「セット加入」をすすめています。※ 地震保険は単独で加入することができません。


地震保険の補償額には2つのルールがあります。

1つ目は「家屋被害は最大5,000万円まで、家財の被害は最大1,000万円まで補償」というものです。
2つ目は「火災保険で算出された保証額上限の30%から50%程度まで補償」というもので、これらのいずれかが適用されます。

例えば、火災保険で2億円補償のプランに加入していた場合、地震保険に関しては1つ目のルールが優先的に適用されて、上限5,000万円のプランまでしか加入することができないわけです。

ただし、火災保険と地震保険の適用範囲は、必ずしも同じである必要はありません。例えば、火災保険では「家屋」だけを補償するプランに入って、地震保険で「家屋」と「家財」を補償するプランに加入するということは可能です。注意しなくてはならないのは、地震保険で補償される「家財」の定義は「家屋内にあるもの」なので、屋外に置いてあるものが破損した場合には保険適用外となります。また、自動車や30万円を超える高価な家具・電子機器に関しても「家財」として認定されないので、注意が必要です。(データはすべて2017年現在)

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事