一般物件でオススメの火災保険は?


「一般物件」とは、事務所や作業場、店舗や病院などの建物を指しています。こうした施設では不特定多数の人が出入りするため、住宅よりも火災のリスクは高いとされています。こうした一般物件向けの火災保険を探しているなら、AIU保険の「プロパティーガード」をおすすめします。プロパティーガードはリスク細分型の火災保険で、施設の規模や事業内容に合わせて起こり得る事故や災害のリスクを予測し、それに合わせた補償を組み合わせていきます。補償内容ごとに支払い限度額や自己負担額を設定することができるため、保険料の節減が容易となります。


「自然災害だけでなく人的災害への補償も充実させたい」という人には、セコム損保の販売している「店舗総合保険」がおすすめです。基本プランに加入すると、事業所や事務所といった不動産だけでなく、内部にある事業用の商品などもすべて補償の対象となります。また、緊急時の対応力に定評のあるセコムの機械警備セキュリティーへ加入することで、保険料が最大30%お得になるというメリットもあります。

補償が広く手厚い一般物件向けの火災保険を選びたいという人には、富士火災の火災保険「三冠王Lite」が良いでしょう。三冠王Liteには5つのプランがあり、必要な補償内容に合わせてプランを選ぶことができます。またテナントを借りている人向けの特約や、小売店を営む人向けの特約なども準備されており、事業内容に合わせて自由にカスタマイズすることができるという魅力もあります。(データはすべて2017年現在)


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事