Q:火災保険はローンで入れる?

A:入れます


火災保険の基本は「年間契約」です。ですから契約時には1年分の保険料を支払う必要があります。とはいえ、一括で支払うことができない人は月々の分割払い、つまり「ローン」で支払うことも可能です。もちろん補償内容は一切変わりません。


もちろん毎月の支払いが滞ってしまうと、火災や風災などで家屋に損害が発生したとしても保険金を受け取ることができない可能性があるので注意が必要です。


支払い忘れを防ぐために指定口座への振り込みではなく、カードもしくは口座からの引き落としを選択しておくと良いでしょう。

月々のローン返済にすることにはメリット・デメリットがあります。メリットは「定期的に補償の内容をチェックできること」です。保険会社によっては毎月の支払いに関して確認の書類が送られてきます。その内容を精査して行く中で「さらに追加のオプションは必要か」「不要なオプションはないか」といった点を確認することができ、無駄と思える点に関しては、すぐに担当者へ連絡して変更してもらうことが可能です。

一方、ローンで支払うことのデメリットは「火災保険料がかなり割高になってしまうこと」です。保険会社によって割増率は異なるものの、平均的には通常の1年間一括払いと比較すると3%から7%程度割り増しになるとされています。対照的に数年間の火災保険料をまとめて払う「長期払い」は1年間一括払いよりも支払額が大幅に割引となります。ですから手元にある程度の資金があり、保険料をより安くしたいという人は「ローン」よりも「長期払い」をおすすめします。(データはすべて2017年現在)


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事