Q:火災保険は義務ですか?

A:法律上は義務ではありませんが・・・


火災保険の加入は基本的に各自が任意で行うものですから、強制力のある義務ではありません。ただし「賃貸物件に入居する場合」と「住宅ローンを組む場合」には、ほぼすべてのケースで火災保険への加入が義務付けられています。


なのでローンもしくは賃貸の場合はほぼ義務です


賃貸物件の契約をする場合、大抵は火災保険への加入がセットとなります。これに加入しておかないと契約を拒否される可能性もあります。借主には「原状回復義務」、つまり契約をした時点と同じ状態に部屋を戻してから退去する、という義務があります。もし火災が発生して部屋が消失してしまった場合、これらの損害をすべて支払う義務が生じるのです。当然その費用は莫大なものとなりますから、部屋を貸すオーナーとしては補償を受け取ることができるように、借主に火災保険への加入を義務付けているわけです。また、洗濯機のホースが外れて部屋を水浸しにしてしまい、下の階にまで被害が及んだといったケースでも修復にかかる費用は火災保険の特約でカバーされるので、加入しておいて損はないでしょう。

住宅ローンを組もうと思う場合、ほぼすべての金融機関は火災保険への加入を義務付けています。金融機関としては物件が大きな損傷を受けてしまい、持ち主がその修繕に追われてローン返済が滞ることを何としても避けたいと考えています。ですから火災保険への加入を義務付けることで、万が一家屋が火災で全焼してしまった場合でも、火災保険による補償が行われ、ローン返済に影響が及ばないようにしているわけです。

ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事