火災保険、大家も入らないとダメ?

Q:火災保険、大家も入らないとダメ?

A:もちろんです


アパートなど、賃貸住宅では賃借人、つまり借りて側が火災保険に入る義務がありますよね。契約上もそうなってて、火災保険に入ってもらわないと、契約出来ないようにしています


でも借り手が入る保険は、家財に対する保険、燃えた場合の原状復帰に関わる保険です。


大家は建物を補償する保険に入らなくてはなりません

まあ別に入らなくても良いんですが・・・
燃えた場合、誰も(賃借人も)賠償してくれませんので・・・


火災が発生する原因には、借主の過失・貸主の過失・近隣からのもらい火・漏電・自然災害によるものなど様々なことが考えられます。

これらの原因の中で、入居者が加入している借家人賠償責任特約で基本的に補償されるのは借主の過失だけで、しかも補償額の上限が定められているために、補償範囲だけでは金額が不足してしまいます。

そもそも建物自体の補償は出来ませんので・・・



この点を考えると大家自身がしっかりと建物の火災保険に加入しておく必要がありますね

安心の補償を備えるということを考えると、大家が火災保険に加入するということは大きなメリットにつながることです。

また、保険料を必要経費として不動産収入から差し引くことができるといった税制面でのメリットもあります。

これにより低い税率の枠が適用される可能性が考えられますし節税に繋がることも期待できるので、大家として火災保険に加入する必要があると認識しておくと良いです。

 
ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事