Q:台風による被害は火災保険で補償される?

A:受けられます!


台風で家屋が損傷した時のために保険をかけたいと考えているなら、火災保険がおすすめです。火災保険なら火災が発生しないと補償は受けられないのでは?と考えている人は意外と多いようです。

実は、大抵の火災保険には「火災」の他に「風災」と「雹災」、そして「雪災」に対する保証も含まれているのです。

ですから台風の影響で何かしら被害を受けた場合、保険金の支払いを受けられる可能性はかなりあります。


ポイントは「台風による強風で壊れたものなら補償対象になる」という点です。ですから強風で屋根がはがれたり、瓦が飛んでしまったり、外れた瓦や屋根によって家屋に損害が発生したというケースでは、基本的に保険金の支払いを受けることができます。また、強風で雨どいが割れてしまったり、屋根にあるテレビ用アンテナが壊れてしまったという場合も補償される可能性は高いと言えます。こうした被害が発生したら、修理をする前に保険会社に連絡して現状の確認を行ってもらいましょう。

台風による被害が発生したとしても補償されないのは、「雨による被害」です。豪雨によって天井部に雨漏りが発生したという場合、強風で屋根が破損した結果でなければ経年劣化と判断されるケースがほとんどで、保険金の支払いを受けることはできません。また、部屋に雨が吹き込んで損害が発生したという場合も、「窓の閉め忘れなど、契約者の側に過失はなかったのか?」という点を徹底的にチェックされます。その結果、補償を断られたり、少額の見舞金しか受け取れないというケースもあることを覚えておきましょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事