ソニー損保の火災保険の評判は?


「ソニー損保」と聞くと「自動車保険の会社」というイメージを持つ人は多いことでしょう。実は、提携するソニー銀行で住宅ローンを申し込んだ人を対象として、火災保険サービスも提供しているのです。

もちろん住宅ローンをソニー銀行で申し込んでない人も、火災保険には入れます



ソニー損保の火災保険は、金融機関がすすめる火災保険は自由度が低くて保険料が高いというイメージを覆した火災保険として、非常に高く評価されています。

ソニー損保が提供する火災保険の特徴は、「補償範囲が広いこと」と「補償が手厚いこと」の2つです。基本的な「火災」や「風災」に加えて、「盗難」や「破壊行為」など人的災害にも対応しています。特に「集団示威行動」や「破壊行為」による被害に関しては免責としている保険会社が多いので、これはソニー損保と契約するメリットと言えるでしょう。また、盗難被害に遭った時には、現金だけでなく銀行口座の被害も補償してもらえます。さらに、「盗難等再発防止費用補償特約」を付けていれば、家のセキュリティーを向上させるための費用を負担してもらうことも可能です。


ソニー損保では、保険金の支払いに加えて各種見舞金の制度も準備されています。例えば、火災や水害で家をなくした人のための「臨時費用制度」や「残存物取片づけ費用」、噴火や津波で家を失った人のための「地震火災費用」などがあります。こうした一時金が給付されたことで、当面の生活を維持することができたと感想を述べている人は少なくありません。このように行き届いたフォローを提供しているのが、ソニー損保の特徴と言えるでしょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事