水漏れ、洪水など水災は火災保険で補償される?

Q:水漏れ、洪水など水災は火災保険で補償される?

A:水災のオプションが必要です


火災保険は火災による被害の他に「風災・雹災・雪災」を補償するプランがほとんどです。とはいえ、これらの補償内容では、水漏れや洪水による被害に対して保険金は支払われません。


「台風が来て雨が吹き込んだのだから、風災になるはずだ」と思われる方は多いはずです。しかし、雨の吹き込みによる損害は「水災」として扱われてしまうので、補償の対象外となってしまうことが多いのです。台風によって風が強く吹き付けて、雨が吹き込んだというケースであっても、窓の閉め忘れがあったり、雨戸があるにも関わらず閉めていなかったりすると、「契約者の過失割合が大きい」と認定されて保険金がもらえない、もしくは一部しか支給されないということもあります。洪水の場合は風よりも水による災害と認定されることがほとんどで、火災保険の適用は難しくなります。


もちろん水災のオプションを付けていれば、問題なく支払われます


火災保険の基本プランによって水災の補償が受けられるケースとしては、「屋根が飛ばされたために水漏れした場合」「強風で窓や扉が壊れた場合」の2つです。瓦や屋根が外れて雨が吹き込んだ場合には損傷した個所の写真を撮影するか、もしくは保険会社の担当者に確認してもらう必要があります。この場合、認定を受けることはそれほど難しくありません。

一方、窓や扉が外れてしまったために水漏れをしたというケースでは、扉の蝶番が腐食していなかったか、近隣で洪水は発生しなかったかなど、より細かいチェックをパスする必要があります。とはいえ、「水災ではなく風災」という認定を受けることができれば、保険金は満額支払われるので心配はありません。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事