類焼損害による被害は火災保険で補償される?

類焼損害による被害は火災保険で補償される?


自分の家で火災が生じてしまい、それが近隣の住宅まで燃え広がってしまうことを「類焼」と言います。火災保険の基本プランでは、類焼の補償は含まれていません。

ですから必要であれば特約で「類焼損害補償」を付帯する必要があるのです。とはいえ、このオプションを付ける必要はないと考える人も少なくありません。その理由が「失火法」です。失火法によれば、「火災の原因となったのが軽過失によるものであれば損害賠償背金を負わない」という規定があります。


つまり重大な過失が無ければ法的に火元は責任を追求されません。


重過失ってのは「石油ストーブの火を消さずに給油した」とか「てんぷら油の入った鍋をかけ、中火程度にして、台所を離れた」など、結構おバカな感じで火災になった例。この場合、隣の家が燃えちゃったら責任を追求されます。ですが、そんなことはしない常識人だったら「類焼損害補償」のオプションを付けないわけです。


火災保険の類焼損害補償は基本的に、「近隣住民への配慮」に基づくオプションです。ですから家が密集している地域に住んでいるは、契約条項に含めることが多いようです。一方、隣近所の家屋までかなり距離がある場合には、基本プランにこれらのオプションを追加する必要はないでしょう。


ほけんの窓口について詳しくは

 

ほけんの窓口でも火災保険に入れる?

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事