ファイナンシャルプランナーが利益を出す仕組み

ファイナンシャルプランナーはどうやって儲けてるの?

無料で保険見直しの相談をして、いったいどうやって儲かってるのか疑問ですよね。ここではファイナンシャルプランナー(FP)の儲かる仕組みをご説明します。



1.契約したら生命保険会社からお金がもらえる
相談を受けた人が、生命保険を契約したら、生命保険会社はFPに、マージンを支払います。

それがFPの大きな利益の柱になります

ここでダメなFPは、無理やり成約させようとか、利益の大きい生命保険会社に成約させようとかしますが・・・

実はそんなFPは、結局は稼げない、無能なFPの烙印を押されるんです

それについては、この記事の後半で書きますね



2.その後の付き合いで、相談料をもらう
FPの強みは、保険だけじゃなく、会計全般に詳しいことです

例えば住宅ローンや自動車ローンを借りるときや、相続時の財産配分や、税金の支払の問題など、お金や法律にまつわることなら、いろいろ相談できます

お客さんがこういう問題に差し掛かった時、その人から相談を受けることがあります

その時は相談料は有料になるので、そこで利益が出せます



無理矢理、自分に有利な商品を成約させようとするFPは、稼げない、ダメなFPであ~る


なんでかって言うと、FPにとって、一番うれしい集客は紹介です

新規のお客さんを紹介してもらうには、紹介料が必要な場合が多い。反面、お客さんからの紹介だと、無料で集客できます。



生命保険の相談で、良い相談を受けた人は、そのFPを友だちにも紹介する確率が高い
「保険見直したんだけど、すごく良かったから、あんたも見なおせば?」
って言ってくれるわけですよ


そして、その友だちもいい印象を持ってもらったら、さらに友だちの友だちを紹介して・・・


と言う具合に、すごく良い循環が生まれるんですよね

なので自分の利益ではなく、お客のことを第一に考える、いいFPは、あんまり仕事に困らないんです。

逆に、自分の利益しか考えないFPは仕事に困ることになります。だって、そんな人、友だちに紹介したくないですもんね。



さらに、生命保険以外の相談にもつながりやすくなります
良い感じの人なら、信頼出来る人なら、保険以外のことも相談したくなるでしょ?

場合によっては、個人の保険を相談したのに、その人が経営する会社の会計全般をコンサルすることも出来るかもしれません



というわけで、FPに相談をするなら、いいFPに相談しましょう

最初から、何としてでも成約させようとするFPだったら、すぐに断って、違う人にお願いしましょう


いいFPを紹介してくれるサイト

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事