遺族年金、妻が亡くなった時はもらえる?


遺族年金とは、公的年金をかけていた人が亡くなった場合に、その遺族に支給されるものです。


ですがここで注意して欲しいのは、妻が亡くなった場合には、夫には支給されません


遺族年金は、収入が途絶えた遺族を救済するための側面が強いので、専業主婦の妻が亡くなっても、夫に遺族年金は支給されません。もちろん、妻が収入の柱であった場合は夫に支給されますが、主たる収入源が夫の場合は、妻が亡くなっても、遺族年金は支給されないのです。



妻が亡くなった場合、夫の収入が減るケースがかなり多いです。妻の代わりに家事をしなくちゃならないので、勤務時間が減少します。また子供を保育施設に預ける必要があるので、その場合は出費が増えます。ですが、遺族年金に関しては、考慮されません。



死亡保障と言うと、夫の死亡保障ばかり目を向けがちですが、実は妻の死亡保障も意外と大事なのかもしれません。



しっかりとした人生設計はファイナンシャルプランナーに
 
 



保険のビュッフェについて詳しくは

 

参考記事:保険のビュッフェで学資保険の相談を受けた

 

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事