医療保険の必要性って・・・ 本当は不要なんじゃないの?

最近、医療保険は必要ないっていう論調があるけど・・・ 
 


一般的な社会人なら、ほとんどの人が入ってるイメージがある医療保険

でも最近、医療保険は本当に必要なのか?っていう疑問が、
社会全体の流れとして、沸き上がっています



民間の医療保険加入は不可欠ではありません




例えば、医療費が100万円かかるとき・・・

自己負担金は3割なので、まずは30万円の支払いが必要になります



でも日本には、高額医療費制度というものがあって、
実際に負担する金額は、わずか87,430円



つまり医療費が100万円でも実際の負担金は8万円台です

※ 年収がだいたい600万円を超えると負担金は15万円になります
参考:高額医療費制度についてザックリ説明してみました





手術が必要な大きな病気、怪我などがあっても、この程度の負担で済むのです

逆に言えば、10万円足らずの負担金のために、
保険料を払うのはコストパフォーマンスが悪い





■ それでも医療保険に入る理由

やはりそれでも、医療保険に入った方がいい理由がある
それは差額ベッド代

bed.JPG



つまり個室になるなら、一日あたり5,000円~10,000円の自己負担が必要
その金額は、民間の医療保険でまかなえる

なにも贅沢したいからっていう理由だけじゃなく、
病気によっては、個室が望ましいケースもありますしね

あと家族の病院までの交通費なども医療保険でまかなえます




とは言え、最近は入院日数が減少の傾向です

ガンの手術でも日帰り入院、一泊の入院ってところが多いし、
大手術をしても、だいたい1ヶ月以内には退院になります




あなたの医療保険のコストパフォーマンスをチェックしましょう

もし一ヶ月以上の入院保障が付いてるなら、掛け金の割には見返りが少ない、
コストパフォーマンスが非常に悪い保険になってるかもしれません

昔は高額医療費制度も今ほど充実してなかったので、
その時に加入した医療保険なら、過度にお金を払っているかもしれません
※ 2012年から制度が変わっています


もしCMのイメージや、担当者さんがの人柄だけで、今加入している医療保険に入ったのなら、
その医療保険は、もしかしたらあまりいい保険じゃないかもしれません




■ 医療保険を見直すなら

当ブログでイチオシの保険のビュッフェさんで、
ファイナンシャルプランナー(FP)を紹介してもらえます

優秀なFPさんが多いので、あなたの希望や収入状態などを聞きながら、
複数の会社の医療保険から、最適なものを選んでくれます

もし医療保険を見直すなら、自分で決めず、
プロのFPさんに相談してください

保険のビュッフェで保険の相談を受ける

ほけんの窓口でも医療保険の相談はできます

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事