高額医療費制度の仕組み・負担金をザックリ簡単に説明しよう

高額医療費制度についてざっくり簡単に説明しよう

だいたいさぁ~~~
「高額医療費制度」なんて言葉自体が、威圧感あって怖い感じだよね

もっとわかりやすい、親しみやすい言葉ならありがたいんだけど、
お役所ってのは、とにかく漢字とか、横文字を使いたがるよね

高額医療費制度ってのは、ザックリ言うと・・・

手術や入院しても、実はあんまりお金かかんないよ

っていう制度です

例えば手術入院で100万円、医療費がかかった場合は、自己負担は87,430円で大丈夫
医療費によって、ちょっとづつ高くなり、
500万円かかった場合も、127,430円しか払わなくていい

まあ医療費が500万円もかかることはまず無い
胃がんで20日入院したら、だいたい100万なので、自己負担は9万弱

ざっくり10万円あれば足りるってことです

昔は医療費の3割は、患者が一旦建て替えなくちゃいけなかったんだけど、
2012年から、その必要も無くなったので、ますますありがたい

ただし、年収600万円以上の人は負担金が7万円ぐらい増える

お金持ってる人は、もうちょっと払ってねってことですね
もちろん税込みの収入なので、微妙な人は詳しい年収を調べてください

あと、住民税が非課税の世帯などの低所得者層は、負担金は一律35,400円です

ということなので、大きな病気をしてもあんまり心配しなくていい

ざっくりは説明したけど、申請方法やホントに自分に適用されるの?など、
詳しい話は、病気になった時は、病院に聞いてみるのが一番早いです

ガンでも脳卒中でも、ど~~~んと来い!って感じ

いやいや、病気は来ない方がいいんだけど・・・

あとこちらでも書いたけど、差額ベッド代や、看病する家族の交通費は出ないので、
そのあたりを補填する医療保険は検討したほうがいいかも

■ 医療保険を見直すなら

当ブログでイチオシの保険のビュッフェさんで、
ファイナンシャルプランナー(FP)を紹介してもらえます

優秀なFPさんが多いので、あなたの希望や収入状態などを聞きながら、
複数の会社の医療保険から、最適なものを選んでくれます

もし医療保険を見直すなら、自分で決めず、
プロのFPさんに相談してください

保険のビュッフェで保険の相談を受ける

ほけんの窓口でも医療保険の相談はできます

にほんブログ村 その他生活ブログ 保険へ

関連記事